福地氏城(伊賀市柘植町)

土豪福地氏は平清盛の末裔で、天正9年(1581)の天正伊賀乱で織田信長に内通し、その威光をかりて強大となりましたが、翌年の本能寺の変で信長が討たれると事態は急変、伊賀の土民たちの攻撃を受けて、他国に落ち延びました。福地城の本丸跡には、高さ3〜5mの土塁と空堀が残っています。

近辺の地図


拡大地図を表示