伊賀惣国一揆

伊賀はその大半が荘園地で、荘園地ごとに同族単位で生活圏を設け、伊賀の国中の一党の中から有力な12人の評定衆(代議員)を選び、協議により伊賀の治安を維持していました。