手力神社(伊賀市東湯舟)

手力神社 写真

手力神社は三大上忍の一人藤林長門守の氏神です。江戸時代の初め頃、この地に長門守が住んでいたと伝えられており、境内には長門守の第四世冨治林正直が献灯した石灯籠があります。奉納花火大会は、火術、火筒、のろしなど、火の忍術を得意とした長門守が花火を奉納したのがはじまりといわれています。

近辺の地図


拡大地図を表示